[商品・技術情報] 一般的なローレットナットと、当社の部品の違いとは? | 部品メーカーが提供するナット・スペーサー・カラー・リベットの専門サイト | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

商品・技術情報[ 一般的なローレットナットと、当社の部品の違いとは? ]

特殊ナット・カラー製造.comでは、各種ナット・カラー・スペーサーといった特注のファスナーパーツ(締結部品)の製造を手掛けています。当社の特長としては、メーカー規格にない特注品・特殊形状品を取り扱っている点にあります。こちらでは、当社がこれまでに手掛けた特殊なファスナーパーツに関する商品・技術情報を提供しています。ぜひともご覧ください。

一般的なローレットナットと、当社の部品の違いとは?

こちらでは、当社が製造したローレットナットに関する技術情報について紹介しています。
本製品は、当社で製造しているローレットナットは、車載用・電子部品用など、用途は多岐に渡っています。

製品画像

ローレットナットとは?

ローレットナットとは、ナットの中でも周囲に縦目や綾目の溝(ローレット)があるナットです。 ローレットナットは一般的には工具が無くても手で締結が可能とされており、自動車だけでなく、バイクなどへの用途で広く使われて、リペア部品(保守部品)としても良く利用されてます。製品形状において同じような分類としては、ローレット付ナット、早締めナット、化粧ナット、グリップナット、丸ナットも類似部品とされています。

当社のローレット形状の種類
斜めローレット:機械や自動車の部品、ねじなどに利用されている。
平目ローレット:時計のツマミや、金属ダイヤルなどによく用いられる。
綾目ローレット:ダイヤ目、クロス目など2方向を交差するローレット。

ローレットナットの使い方とは?

先にご紹介したものは、一般的なローレットナットでしたが、ここからは当社で取り扱っているローレットナットについて、紹介をしたいと思います。

当社が扱うローレットナットは、形状的な違いで云うと大きな違いはありませんが、用途という点でこのローレット形状の用いられ方が違います。具体的には、綾目ローレットが多く、回り止めを行うための用途で活用されることがほとんどです。具体的には、樹脂成形品に挿入してつかうインサートナットに綾目ローレット加工を施す場合には、この回り止めを行うことができます。

当社が製造できるローレットナット事例紹介

では、具体的にどのような事例があるかというと、下記の事例が一つ上げられます。

本ローレットナットは、特長として側面に溝加工が施されており、挿入後、回り止めの役割を果たしています。また、ナット製品の為、内径部にネジ加工も行っています。さらに、通常であれば冷間鍛造+転造加工+ネジ加工が必要な製品ですが、冷間鍛造で転造部分も製造しているために、工程を一つ削減することを実現しております。ロットが2万個となる為、リードタイムを短縮し、コストを抑えた製品提供を行っています。

ローレットナットの詳細はこちら

ローレットナットのコストダウンを検討する上での注意点

ローレットナットの選定におけるコストダウン

最後に、ローレットナットを設計される製品設計の皆様にサプライヤーの我々より、コストを抑える上でお伝えできるポイントをご紹介します。先にご紹介した通り、当社で製作をするローレットナットはその多くが回り止めを目的として製品が設計されています。その為、「回らないこと」を目的に製品(=部品)設計をすることポイントであり、ローレットにこれ以上の目的がなければ、ほかの形状も検討すべきといえます。

具体的には、当社であれば、四角形状・六角形状などの特殊形状のナットの製作が可能であり、これを活用すればローレットナットを置き換えることが可能です。

六角形状をもつインサートナットの詳細はこちら

四角形状ナットの詳細はこちら


もちろん、用途によってはローレット加工が必須という場合もあります。当社ではローレット加工を行う場合においても冷間鍛造+ローレット加工を行うことで加工コストを抑え、提供することが可能です。お困りのローレットナットの案件がございましたら、特殊ナット・カラー製造.comにお問い合わせください。

商品・技術 最新情報

  1. 特殊カラーの種類とは?それぞれの特徴とコストダウン方法をご紹介!

    詳細を見る
  2. 長穴カラーの製作におけるコストダウン情報とは?長穴カラーと丸穴カラーの違いについてもご紹介!

    詳細を見る
  3. インサートカラーの製作におけるコストダウンのポイントとは?

    詳細を見る
  4. 特殊ナットの種類とは?それぞれの特徴とコストダウン方法をご紹介!

    詳細を見る

1分簡単お問い合わせはこちら!!