[商品・技術情報] 冷間鍛造を用いた工法転換のメリットとは? | 部品メーカーが提供するナット・スペーサー・カラー・リベットの専門サイト | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

商品・技術情報[ 冷間鍛造を用いた工法転換のメリットとは? ]

特殊ナット・カラー製造.comでは、各種ナット・カラー・スペーサーといった特注のファスナーパーツ(締結部品)の製造を手掛けています。当社の特長としては、メーカー規格にない特注品・特殊形状品を取り扱っている点にあります。こちらでは、当社がこれまでに手掛けた特殊なファスナーパーツに関する商品・技術情報を提供しています。ぜひともご覧ください。

冷間鍛造を用いた工法転換のメリットとは?

冷間鍛造は金属に熱を加えず常温のまま圧力を加えて、金属を変形させながら成形をおこなう加工方法です。既存の切削加工品を冷間鍛造に工法転換することでコストのみならず、生産効率にも大きな効果が見込めます。

冷間鍛造

量産加工に最適な冷間鍛造

冷間鍛造

冷間鍛造とは、いわゆる塑性加工と呼ばれる加工方法の一つで、金属に熱を加えず常温のまま圧力を加えて、金属を変形させながら成形をおこなう加工方法のことをいいます。

 冷間鍛造の具体的な加工方法は、常温下においてパンチとダイという金型で材料を挟み込み、変形させるという手順となります。複雑な形状となればなるほど、変形させる為に複数回行うことがあります。また、製品形状は金型の形状に左右される為、金型が製作できない形状の形状加工はできないということになります。

冷間鍛造のメリット

冷間鍛造は量産品でかつ部品強度が必要な部品の加工には向いている加工方法です。既存部品のコスト削減・強度向上を求めることや他の加工方法で行っている製品で量産加工において冷間鍛造に置き換えることが有益であると言うことができます。その理由としては、下記が挙げられます。

①一つひとつの部品の加工スピードが速く、時間当たりの生産性が高い。
⇒切削加工の加工速度は分単位であるのに対し、鍛造加工の加工速度は秒単位であるために、スピードUPで生産効率が非常に高いです。

②材料費が安く、部品コストを抑えることができる。
⇒切削加工とは異なり金属を変形させながら加工をおこなうため、材料切屑が殆ど発生なく材料ロスがないために比較的コストを抑えやすいです。

③高圧での加工となる為、材質がもつ強度と比較して完成品の強度が向上する。
⇒切削加工ではフローラインがつながらず強度が落ちるのに対し、材料を加熱せず常温で加工するため強度・耐磨耗性に優れた部品製造が可能です。

商品・技術 最新情報

  1. ストレートワッシャー

    厚み5mmワッシャー製作は当社にお任せ!

    詳細を見る
  2. つば付スペーサー_①

    つば付きスペーサーとは?成形時の難しさについてご紹介!

    詳細を見る
  3. ストレートスペーサーとは?成形時の難しさとコストダウン情報についてご紹介

    詳細を見る
  4. ストレートスペーサー_①

    スペーサーとカラーの違いとは?特注対応もご相談ください!

    詳細を見る

1分簡単お問い合わせはこちら!!