[商品・技術情報] インサートナットとは? | 部品メーカーが提供するナット・スペーサー・カラー・リベットの専門サイト | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

商品・技術情報[ インサートナットとは? ]

特殊ナット・カラー製造.comでは、各種ナット・カラー・スペーサーといった特注のファスナーパーツ(締結部品)の製造を手掛けています。当社の特長としては、メーカー規格にない特注品・特殊形状品を取り扱っている点にあります。こちらでは、当社がこれまでに手掛けた特殊なファスナーパーツに関する商品・技術情報を提供しています。ぜひともご覧ください。

インサートナットとは?

こちらでは、当社が製造したインサートナットに関する技術情報について紹介しています。本製品は、当社で製造しているインサートナットは、車載用・電子部品用など、用途は多岐に渡っています。

製品画像

インサートナットとは?

インサートナットとは、樹脂成型品にはめ込み(圧入する場合もあり。)を行い、結合部分を強化するために使用されるファスナーパーツの一つです。
一般的に樹脂成型品に山谷をつけて、ねじを埋め込む場合には素材の強度が金属よりも低いため、緩みが発生し接合部分に強度面での問題が発生してしまいます。そこで樹脂製品に穴を設け、そこに金属製のインサートナットを挿入することで接合部分の強度を確保し、緩みのない接合が可能となります。

当社では過去、インサートナットの成型を多岐にわたり行い、豊富な実績を保有しています。当社が保有する鍛造機のサイズ範囲であれば、大小・形状は様々なインサートナットを使用用途に合わせて提供することが可能です。

当社のインサートナットの主な納品実績

特殊ナット・カラー製造.comが提供するインサートナットは、主に車載用・電子部品・ロボット・産業機械などとして使用されるものがあります。
近年、自動車において電気を用いられることが増えており、自動車の部品として採用される頻度は非常に高く・納入点数も非常に増えています。
今後は電気自動車もしくはハイブリッド車が主流となっていく中で、この電気配線の通り口の確保ならびに樹脂成型品の強度確保を目的としたインサートナットの流通量は増えてくるということが予想されます。当社としては今後、このような課題に対して最適なご提案を行うことで、ニーズに合ったインサートナットの開発を行ってまいります。

(おまけ)インサートナットの種類

特殊ナット・カラー製造.comが提供するインサートナットの用途は多岐にわたっており、その用途に合わせた提案がポイントとなります。特に気を付けたいのが、インサートナットを樹脂に埋め込む方法です。インサートナットを樹脂成型品に対して埋め込む場合、方法は2つあります。
1つ目が樹脂製品の形状が出来上がったのちに、その樹脂成型品の穴にあったインサートナットを圧入するというものです。圧入方法には冷間圧入や、熱間圧入など方法は様々です。ポイントとしては、成型時に穴の形状を考慮し、埋め込みを行うという点です。そのため、形状不良が起きると、圧入ができず樹脂製品の破損を招くなど、大きな問題となります。

もう1つの方法が、樹脂成型時にすでに埋め込んでしまう方法です。あらかじめインサートナットを埋め込み、その周辺に樹脂を流し込むことで成形がなされ、インサートナットが結合されます。
この場合、ナットの形状によっては樹脂の形が変わってしまうため、樹脂製品を組み込む際に、形状が違うなどといった不良を招く場合があります。

つまり、どちらの方法においてもインサートナットの形状不良は許されず、圧入品であるために後工程に非常に大きな影響を与えます。ですので、インサートナットの製造は良品を安く・安定して提供できるメーカーを探すことが重要といえます。当社のような製造直販メーカーを選択いただくことで、仕様変更などへの柔軟な対応も自信をもってご提案することが可能です!

インサートナットの実績一覧はこちら

インサートナットの実績①はこちら

インサートナットの実績②はこちら

インサートカラーの実績もございます。詳しい内容はこちら

お客様から頂いたQ&A事例はこちら

商品・技術 最新情報

  1. 四角ナットとは?

    詳細を見る
  2. フランジ付ナットとは?

    詳細を見る
  3. メタロック(Meta Rock)

    詳細を見る

1分簡単お問い合わせはこちら!!