[商品・技術情報] ウェルドナットの製作におけるコストダウンのポイントとは? | 部品メーカーが提供するナット・スペーサー・カラー・リベットの専門サイト | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

商品・技術情報[ ウェルドナットの製作におけるコストダウンのポイントとは? ]

特殊ナット・カラー製造.comでは、各種ナット・カラー・スペーサーといった特注のファスナーパーツ(締結部品)の製造を手掛けています。当社の特長としては、メーカー規格にない特注品・特殊形状品を取り扱っている点にあります。こちらでは、当社がこれまでに手掛けた特殊なファスナーパーツに関する商品・技術情報を提供しています。ぜひともご覧ください。

ウェルドナットの製作におけるコストダウンのポイントとは?

こちらでは、当社が製造したウェルドナットに関する技術情報について紹介しています。
本製品は、当社で製造しているウェルドナットは、自動車のボディ・電子機器など、用途は多岐に渡っています。

製品画像

ウェルドナットとは?

ウェルドナットとは、JIS B 1196に規定されている別名溶接ナットと呼ばれ、鋼板にプロジェクション溶接またはスポット溶接して用いる鋼製のナットです。ウェルドナットは、金属板を複数枚重ねて接続する際に用いられます。ウェルドナットを用いることで、金属板同士を直接溶接し、さらにタップ穴と呼ばれるねじ穴を開けることがありません。そのため、薄板でも対応が可能となります。このように、金属に密着固定させることで高い安定性を実現させ、一度取り付ければ他の部品との脱着しやすいという利点がございます。そのためウェルドナットの使用用途は、自動車のボディや電子機器部品、家電製品用部品で広く使われております。

ウェルドナットの種類とは?

ウェルドナットには、角の数や形が異なる複数の種類があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。耐久性や溶接のしやすさも変化するため、取り付ける金属板のサイズや板厚に応じて、適切なナットを選定することが重要となります。ウェルドナットには、形状及び形式の組み合わせにより9種類に分類することが可能です。形状では、六角、四角、T形の3種類があり、形式では、溶接の方法及びパイロットの有無と溶接部の張り出しの有無によって7つに区分することが出来ます。

六角ウェルドナット:六つある角のうち、三つを板金溶接しています。比較的溶接が容易で作業がしやすい一方で、板金に接合される部分が3点のみであるため、ナットの安定性が他のナット溶接に比べて低いです。
四角ウェルドナット:四方向全てを板金溶接しています。六角ウェルドナットに比べて溶接する数が多いので、固定強度に優れています。
T型ウェルドナット:ナット部分に付いているフランジをアーク溶接しています。ナット自体の溶接面積は大きいですが、振動に強いです。

当社が製造できるウェルドナット事例紹介

では、具体的にどのような事例があるかというと、下記の事例が一つ挙げられます。

本ウェルドナットは、特長としてつば形状がひし形となっている点と、ひし形形状のつば部分に、ウェルド用のポチを付けている点になります。当社では、このように特殊ナット・スペーサーの加工・製造を得意としており、お客様の図面仕様に合わせた最適な製品提案が可能となっています。一般的な規格品のナット・カラーではカバーしきれない特殊な形状の加工品でお困りの方は当社にお問い合わせください。

ウェルドナットの詳細はこちら

ウェルドナットのコストダウンを検討する上での注意点

ウェルドナットの選定におけるコストダウン

最後に、ウェルドナットを設計される製品設計の皆様にサプライヤーの我々より、コストを抑える上でお伝えできるポイントをご紹介します。具体的に、当社のウェルドナットの製作は丸形状の材質を押しつぶし、適応する形に成形後打ち抜き加工を施します。これは、冷間圧造に置き換えるで切削加工の材料ロスを防ぎ、コストダウンの実現を目的としております。またウェルドナットの突起部分を製作する上で、当社の技術は最大で1分間に80個製作が実現し、これは切削加工の1/50の速さのため生産性向上のポイントの一つであります。当社では、VA・VE提案を行い、お客様のニーズに合った製品を提供しております。ぜひ、お気軽にお申し付けください。

ウェルドナットの詳細はこちら

当社では、VA・VE提案を行い、お客様のニーズに合った製品を提供しております。お困りのウェルドナットの案件がございましたら、特殊ナット・カラー製造.comにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

商品・技術 最新情報

  1. 特殊カラーの種類とは?それぞれの特徴とコストダウン方法をご紹介!

    詳細を見る
  2. 長穴カラーの製作におけるコストダウン情報とは?長穴カラーと丸穴カラーの違いについてもご紹介!

    詳細を見る
  3. インサートカラーの製作におけるコストダウンのポイントとは?

    詳細を見る
  4. 特殊ナットの種類とは?それぞれの特徴とコストダウン方法をご紹介!

    詳細を見る

1分簡単お問い合わせはこちら!!