[商品・技術情報] 四角ナットとは? | 部品メーカーが提供するナット・スペーサー・カラー・リベットの専門サイト | メーカー規格から外れた特殊形状に対応

商品・技術情報[ 四角ナットとは? ]

特殊ナット・カラー製造.comでは、各種ナット・カラー・スペーサーといった特注のファスナーパーツ(締結部品)の製造を手掛けています。当社の特長としては、メーカー規格にない特注品・特殊形状品を取り扱っている点にあります。こちらでは、当社がこれまでに手掛けた特殊なファスナーパーツに関する商品・技術情報を提供しています。ぜひともご覧ください。

四角ナットとは?

こちらでは、当社が製造した四角ナットに関する技術情報について紹介しています。本製品は、当社で製造している四角ナットの用途は、車載用・電子部品用・建築部材用など、用途は多岐に渡っています。

四角ナット加工画像

四角ナットとは?

四角ナットとは、内径部に雌ねじ加工を施したナット製品で、ナット形状自体が四角形状となっているナット製品を指します。一方で当社が取り扱っている特殊な四角ナットは、先に掲載している写真と同じく、ナット部は丸形状でつば部のみ四角形状となっています。
四角ナット製品に関する詳しい情報はこちら
※もちろん通常の四角形状のナットの提供も可能となっていますが、当社でオーダーメイド製作していただく、コスト面でのメリットは出にくいといえます。
また、軸部を四角形状でつば部分が丸形状となっている四角ナットの提供も可能となっており、お客様のニーズ(図面仕様)に合わせたナット製品の成形をお約束いたします。
さらに、類似形状品として、ナットの形状が小判型になっている製品の成形も可能です。お困りの場合にはお問い合わせください。

当社の四角ナットの主な納品実績

特殊ナット・カラー製造.comが提供する四角鍔フランジ付きナットは、主に車載用・電子部品・ロボット・産業機械などとして使用されています。電気自動車や、ロボットなどの場合には、配線の数や、細かな部品があるため、個々の締結を行うための部品としてこの四角ナットはは利用頻度の高い製品と言えます。
お困りの締結部品がございましたら、お声掛けください。ニーズに合った部品の製作・開発を行ってまいります。

四角ナットの加工を冷間鍛造に置き換えることによるメリット

特殊ナット・カラー製造.comが提供する四角ナットは、切削加工ではなく、冷間圧造・冷間鍛造という成形方法を用いて加工を行っています。
当社の製品の特長は、特殊ナット・特殊カラーというサイト名にもある通り、規格品に存在しない特殊な形状・寸法・公差の製品を提供できるという点にありますが、QCDの面で云いますと、この冷間鍛造・冷間圧造加工による成形を行うことで、量産時におけるコストを大幅に抑えているという点が挙げられます。

たとえば、ロット500個~1000個となると、切削加工以上に最適な加工方法はあるとは言えません。
しかし、ロットが5,000個以上となる場合においては、切削の際に切粉となる材料の無駄や加工時間という視点に立つと、圧倒的なコスト削減が可能となり、1品あたりの生産コストを大幅に削減することが可能となります。

コストイメージについては、各製品ページに掲載をしていますが、公開できない情報も多くありますので部分公開となっています。この製品のコストどのくらい?類似形状の製品加工を検討しているので、コストを教えてほしいという方は、当社にお問い合わせください。最適な品質の製品を最適なコストで提供することをお約束いたします。
詳しくはお問い合わせください!!
お問い合わせはこちら

商品・技術 最新情報

  1. つば付きカラーとは?

    詳細を見る
  2. フランジ付ナットとは?

    詳細を見る
  3. インサートナットとは?

    詳細を見る
  4. メタロック(Meta Rock)

    詳細を見る

1分簡単お問い合わせはこちら!!